仏壇 移動 費用

仏壇の移動費用はどのくらい@引越し依頼も簡単にできる

仏壇の移動をさせるときの費用が一番問題ですね。

 

仏壇 引越し

 

引越しするときの仏壇の扱いがとてもきになると思います。
仏壇ってこのまま荷物として引越ししていいのでしょうか?

厳密に言いますと、引越し前にお坊さんに来てもらい、仏壇や仏像、位牌の精抜きという作業を行います。
そうすることで普通の荷物と同じ様に運ぶことができます。
さらに新居でもお坊さんに来てもらい、、精入れという作業を行ってもらうのです。

 

お坊さんは檀家になっているところがあればそこに依頼しましょう。
新居が遠方の場合は、同じ宗派のお坊さんに依頼するといいですね。

 

ただ、お坊さんへのお布施なども用意しなければならないため金銭的にも時間的にも難しい方も多いと思われます。

 

精抜き・精入れの作業は、絶対にしなければならないというものではないのです。
しっかり手を合わせて「引越ししますよ!」とご報告しておきましょう。

 

そして仏壇の引越しがある場合でも、引越し業者に一括見積もりが出来ます。

 

仏壇 引越し

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

1度の情報入力で複数の引越し業者からの見積もりを取ることができるため、相場や最安値が一目瞭然となるのです。

 

仏壇の引越しで気をつけなければならないことは、位牌や仏像は自分で管理するということです。
高級品や貴重品と同じ様に引越し業者にまかせず、できるだけ自分で運びましょう。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

引越しの工程

 

引っ越し 手順

 

引越しのだいたいの手順を把握しておくと当日までに焦りませんので、ぜひ一度確認してみてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越し業者を早く決めてしまいたいですが、新居が決まるまでは正確な価格は出せません。
4階の物件ですとエレベーターがないところもあります。

 

エレベーターがない物件での4階の引越しは、結構な時間がかかりますから人件費がかさみ、その分の費用が上乗せされるのです。
ですから物件が決まってから引越し業者に見積もりを取りましょう。

 

引越し費用を抑えたいならできるだけ荷物を減らしましょう。
不用品の運送費もかかってしまうので、不用品は引越し前に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする場合は、転出届を市町村役場に提出します。こちらは引越し2週間前から提出できます。
国民年金や国民健康保険、児童手当のことも聞いておくといいですよ。

 

電気・ガス・水道会社に引越しする日を伝えて、その日までの料金の精算方法を聞きましょう。
だれもいなくなった物件で火事を出さないために、大元のガスの元栓をガス会社の人と閉める作業があるかもしれませんので、確認しておきましょう。

 

新居が同じ市内なら、電気・ガス・水道を引越し日から使えるようにしてもらう手配もしましょう。

 

郵便局で転送届を出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。

 

引越し当日は家財の置き場所を指示してください。
あらかじめ決めておいて紙に書いてどこかに貼りだしてくれると引越し業者も助かると思います。

 

市内引越しなら市町村役場で転居届を、市外引越しなら転入届を提出しましょう。
引越し2週間以内にしましょう。

 

免許証やパスポート、各種保険、銀行カードやクレジットカード、その他大事な会員証などはそれぞれに連絡して住所変更をしてもらいましょう。
郵便物の転送は1年間なので、それが切れる前に住所変更手続きを行ってくださいね。

 

 

引越しの繁忙期は高い

 

引越し 繁忙期

 

引越し業界には1年で一番忙しい「繁忙期」というものがあります。

 

繁忙期はそうでない通常期に比べて引越し料金が高めに設定されています。

 

日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生・新社会人は3月に新しい環境にむけて引越しをします。
さらに春の大規模な人事異動で転勤となったサラリーマンやその家族も3月に引越しします。
単身赴任のサラリーマンも引越しします。

 

これに加えて普通の引越し業務もありますから、1年で一番忙しい繁忙期は3月なのです。

 

引越し業者だって手をこまねいているわけではありません。
スタッフを増員したり、残業したりと頑張りますが、日によっては手が回らないことも。

 

繁忙期は特に引越しの準備が遅いと引越し希望日に業者が見つからないなんてことが本当にあり得るわけです。
3月に引越しするのであれば新居の住所がわかったらすぐに引越し業者一括見積もりをしましょう。

 

繁忙期でも安い業者と高い業者はあります。
比較して少しでも安い業者、サービスの良い業者を探して契約しておきましょう。

 

 

引越しのオプション

 

引越し オプション

 

引越し業者には有料オプションというサービスが存在します。
これはどんなことをしてくれるアービスなのでしょうか?

 

以下のようなものが、有料のオプションサービスです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

このように必要な人だけが選んでサービスを受けることができるのがオプションです。

 

この中で依頼が多いのがエアコンの移設なのだそうです。
エアコンは高価な家電ですから、自分で買って取り付けてもらったのなら新居にも持って行きたいと思うのは当然です。
しかし、エアコンの設置は外との配管があるため素人では出来ません。

 

引越し業者に依頼しておけば、エアコンの移設を手配してくれます。

 

もちろん自分で手配してやってもらってもいいのですが、時間にも追われますし、費用もさほど変わらないのであれば引越し業者のオプションを依頼したほうが楽です。

 

車の陸送もそうです。
自分で運べる距離であればいいのですが、仕事が忙しい・運転が苦手・長距離を走る体力がないなどの理由で遠距離は運べないことも考えられます。
妊婦さんは長時間の車の移動は危険ですし、小さい子がいる場合も大変ですから、どうしても運べないなら引越し業者にお願いしましょう。

 

盗聴器の捜索なんて昔は無かったサービスですが、今はコンセントの内部に仕掛けられていることもあります。
女性には嬉しいサービスです。

 

このように一部の人にはとても便利な事柄がオプションサービスとなっているのです。

 

 

引越し先について

手順

 

引っ越し先の下調べをせずに荷物を搬入し始めたら入らないとか、思ったより時間がかかってしまい車で一夜を過ごした。など大変な事になるかもしれません。

 

個人で引っ越されるなら笑って終わりでしょうが、引っ越し業者を頼んだ場合、若しくは友人知人に手伝ってもらった場合など決まりが悪くなると思います。引っ越し業者に関しては、引っ越し代金に追加料金が発生したなんて場合も考えられます。それらのトラブルをなくす為、事前に下調べをし、引っ越し業者には連絡をしておきましょう。近くに駐車場がなく搬入作業が円滑に進められない、道幅が狭くトラックが停めておけないなど、事前に引っ越し業者に伝えておきましょう。と、同時に周辺環境も事前に調べておけば快適な生活を送る事が出来るでしょう。まず調べる事柄は、騒音だと思います。夜中に騒ぐ人がいないか、壁を叩く人が近くにいないか、床を蹴る人はいないか、天井を殴る人はいないか等です。これは確実に調べましょう。この問題は新居の契約前に調べておく事が大事です。しかし、知らずに引っ越し、引っ越し作業が終わった夜に、又は引っ越し最中にそのような人とトラブルになる事もありますので、新居を決めてしまう前に確実に確認しましょう。

 

あと、事前に周辺地域の問題が判明しているのでしたら、挨拶などに積極的に行き、楔を打っておくのも良い方法だと思います。なんらかの行為で保険をかけておきましょう。

 

引っ越してからトラブルが判明した場合、金銭的は負担が多いでしょう、その金銭的負担に対してストレスになります。毎日利用する場所ですから、そこに居る事がストレスになるのは堪った物ではないでしょう。